tricity300_index_key_2020_pc
ご紹介遅くなりましたがTRICITY300発表されました。
TRICITY125/155、NIKENに続くLMW第4弾です。
カラーは全てグレー系で3カラーです。

tricity300_color_001_2020_003
グレー
ボディカラーはソリッドグレーです。
ソリッドグレーのボディにフェンダーやホイールに
ブルーのアクセントを配色したスポーティーなカラーです。

tricity300_color_002_2020_003
マットグレー
マットグレーメタリックのボデイカラーに
フェンダー、ホイールにシルバーのグラッフィックを配したシックなカラーです。

tricity300_color_003_2020_003
マットグリーニッシュグレー
緑がかったグレーで光の当たり具合で見え方が変わる質感が高いカラーです。
こちらもフェンダーとホイールにシルバーのグラッフィックを配してます。
ホイールカラーはマットダークイエローイッシュグレーメタリックです。
tricity300_feature_011_2020_001


今回TRICITY300は“スタンディングアシスト”という自立をアシストする装置を装備してます。
おもに信号待ちや二人乗り時のパッセンジャー乗降時等に自立をアシストします。
押し引き時にも使え、反対側に倒す不安はなくなります。
tricity300_feature_015_2020_001
重い、大きいというLMWのネガな部分による 足つきや押し引き時の不安を解消する装置で、
立ちごけの心配がほぼなくなる」という装置です
停車時にほぼ足を付かないでいいのなら小柄な私にとっては夢の装置です。
tricity300_feature_015_2020_003
ハンドル左スイッチに操作ボタンがあります。

ABSやトラコンも装備しておりさらに転びにくいバイクになっています。
その他主な装備は
スマートキー
LEDヘッドランプ/テールランプ、
フルフェース2個収納できる、容量45L大容量シート下トランク
tricity300_feature_009_2020_001tricity300_feature_010_2020_001tricity300_feature_012_2020_001
等装備しております。
その他装備や特徴の詳細は商品ページ↓をご覧くださいませ
私には、私の流儀がある
発売は9月30日です。
メーカー希望小売価格は 957,000円 です(消費税10%含む、登録諸費用は別途いただきます)

当店では試乗車をご用意いたします
試乗車は22日入荷予定で発売日前にはご試乗いただけるようにご用意いたします

また、当店では早く入荷するように発表と同時に先行仕入れでオーダーを入れております。
ご予約をお待ちしております。



最後に少し長くなりますが、
大型LMW  NIKENの試乗時に私が感じたことをお話させてください。
NIKEN商品説明会の試乗はオートポリスレイクサイドコースで雨の中行われました。
WET路面でもフロントのグリップ感が凄くて攻める気持ちを抑えることができず
試乗は通常1回ですが雨で空いてたので こそ~っと3回試乗して
最後はトラコンをカットして乗ったしだいです。
トラコンをカットしたら前に進むようになり楽しく走れるようになりました
レース経験者でしたらWET時にNIKENをサーキットで乗ったら同じ感覚になると思います。
私も長い間多くのバイクに乗って来ましたが、
レース以外で雨の中攻める気にさせるバイクは記憶にありません。
もちろん公道ではこんなことはいたしません(笑)

何を言いたいかと言いますと、LMWは安定感が素晴らしいということです。

LMWの長所は、悪路で走破性が良く転びにくい、風等の外乱に強い、
二人乗り時の安定性、長距離を走っても疲れにくい 等です。
短所は、横にボリュームがある、重い、すり抜けが難しい  等です。

当店ではTRICITYを数多く販売させていただいております。
オーナーの皆さまは二輪のスクーターには戻れないと仰います。
LMWの長所が短所を上回っている。ということですね

今回発表のTRICITY300は大きい、重いというネガの部分を補う
スタンディングアシスト”という装置が装備されており、
これでLMWの短所がさらに少なくなりました。

メーカーではスタンディングアシストはあくまでもアシストなので
両足で支えるようにと言ってますが、
通常の乗車であれば足付かなくても問題ないのではないでしょうか?

22日に試乗車が入荷したらアシスト具合を検証してみます