海外(EUやUS)でヤマハ2018年モデルが発表されました。
(昨日ドゥカティがNEWモデルを派手に発表しているのを寂しく見てました…)

尚、国内販売に関しましては今の所メーカーからの情報はございませんので、

ご参考程度でお願いいたします

まず最初はYZF-R1M/R1です。

76d9c924.jpg

401d08f7.jpg
d889ccfd.jpg


カラーリングの変更と

afe08035.jpg


QSS(クイックシフト)は今までシフトアップ時対応でしたが、

シフトダウンにも対応できるようになったようです。

LIF(リフトコントロール)もアップグレードされ、

より洗練されたリフトコントロールになってるようです。

321eb1e6.jpg

また、YZF-R6↑もカラーチェンジされました。

同じRシリーズのYZF-R3もUSサイトで2018モデルございました。
de452efb.jpg
b46d193e.jpg

72983cb6.jpg



次はMT-07です。
74e20b3f.png

(カナダにはホワイトがありました)

カラーチェンジか?でも何か違うな…

bc7a7110.jpg
4cc79fec.jpg


タンクカバーやシート下カバー、Fフェンダー等ボディワークが変更されています。

前後サスも仕様変更されたようです。

Fフォークはセッティング変更で、リアサスは伸び減衰調整が追加されたようです。


MT-09SP も発表されてました。

f073450f.jpg


専用のカラーリングとサスペンションがグレードアップされてます。

c33de277.jpg
e2c1c172.jpg

リアサスはオーリンズで別体リザーブタンクと
リモートプリロードアジャスター付タイプです!

8d2d26c9.jpg
c50566eb.jpg

フォークはゴールドのアウターチューブですが、インナーチューブは一般的なメッキです。
フォーク下部にCOMPアジャスターが付いているように見えるのでSTDとは違うようです。
オーリンズではないと思いますが、間違えてたらごめんなさい。

興味ございましたらこちらをご覧ください→Challenge the Darkness

続きましてTRACERTRACERGT です

00a9876b.jpg

724a37d3.jpg

共通の変更点はボディワークとグラブバー、
ca8c6bb1.jpg


少し長くなったスイングアーム等です。

また、スクリーンの上下操作が片手でできるようになっているようです。


GT
はさらにツーリングに特化した装備がついています。

f6b67bb9.jpg
820dba0b.jpg

22Lのハードサイドケースやグリップヒーター,クルーズコントロール。

26695c4b.jpg
17fa41a2.jpg

フルカラーTFTメーターやQSS,リモートプリロードアジャスター等の装備

動画もございます→2018 Yamaha Tracer 900 and Tracer 900 GT


続きましてXT1200ZE Super Tenere Raid Edition です

98e35156.jpg

サイドケースとフォグランプを装備した。

ラリーレースバイクと同じ4ランプフェースデザインになってます。

a353b06c.jpg
ae80ce2c.jpg

37Lのアルミサイドケース

e01f046e.jpg
2cb38ad4.jpg

サイドエクステンション付きのスキッドプレートを装備

こちらも動画ございます→ Fill up with Adventure




最後は東京モーターショーにも展示されていた

ロードスポーツのLMW NIKEN 「ナイケン」です。
(博多弁ではございません)

8d7eff19.jpg
f906c46f.jpg


前2輪でド迫力のフロントフェースです!

8415e80e.jpg
241a01f2.jpg


593f3133.jpg
ddb97365.jpg

MT-09の3気筒エンジンがベースで

ce6d2ebd.jpg
ed90e169.jpg

フレームは工法と材質を使い分けたハイブリットフレーム

58ebac78.jpg
490afade.jpg

タンクはR1同様のアルミタンクです!

284fcbcc.jpg
26ac03c1.jpg

前輪は120/70R15 後輪は190/55R17です。

大まかな諸元も公表されており、

全長、全幅、全高、シート高は215cm、88.5cm、125cm、82cmです。

TRACERはそれぞれ、216cm、95cm、134.5cm、84.5cmなので

寸法上の大きさはTRACERの方が大きいようですが、

ボリュームがあるので車重は263kgあります。

TRACER比で+53kgです。

海外ではラインナップに並んでおり、発売は近いように思われます。

ヤマハUKの紹介ページです→Ride the Revolution

動画もございます→ New Yamaha NIKEN - Ride the Revolution

以上、2018年モデル海外情報でした


2018年国内モデルもボチボチ出てくると思います。

わかり次第ご紹介させていただきますので、

もうしばらくお待ちくださいませ m(__)m